ピューレパールは陰部に使える?

意図したわけではない肌の黒ずみは多くの女性の悩みです。

 

そんな肌の黒ずみを解消すべくピューレパールを検討しているのではないでしょうか。

 

ただ皆さんは脇やその他部位の黒ずみケアはもちろんしたいはずですが、陰部についても気になっている方もいるでしょう。

 

 

こうしたデリケートゾーンの黒ずみは脇以上に人に言えない悩みとなります。

 

でもそんなデリケートゾーンに

 

『使える?効果はあるのかな・・?』

 

ピューレパール 陰部

 

と、頭をよぎると何かと不安にもなってくるでしょう。

 

 

そんな皆さんの為に、私が調べた情報をわかりやすくまとめてみました。

 

 

ピューレパールは陰部に使用可能?

 

 

まずこの商品は脇の黒ずみをケアする商品とされています。

 

しかし公式サイトを見ても、実際には他の部位にも問題なく使用出来るとの説明があります。

 

 

というのも、黒ずみの原因は脇意外でも同じだからです。

 

黒ずみの原因はメラニン色素という肌を守る色素が過剰生成されてしまい、それが沈着したものになります。

 

「紫外線による日焼け」→「肌が刺激を受ける」→「メラニン色素過剰生成」

 

これが原因で過剰に生成されてしまったメラニン色素が肌に沈着してシミや黒ずみとなるわけです。

 

 

ピューレパール 陰部

 

これは脇やその他部位、陰部というデリケートゾーンに至るまで原因は同じなんです。

 

 

『陰部は紫外線浴びないよ?』

 

 

と、疑問に思うかもしれませんね。

 

 

実は肌は紫外線だけでなく、下着の擦れ等の刺激によってもメラニンを過剰生成してしまいます。

 

その為紫外線を浴びない部分でも黒ずんでしまうというわけです。

 

 

実際に脇であっても紫外線を浴びませんが、毛抜きやカミソリ等で受ける肌への刺激が黒ずみの原因になります。

 

更には衣服で隠れていて通気性が悪い事が雑菌の繁殖の原因となり、それも肌への刺激になり黒ずむ原因になるんです。

 

 

こうした原因は脇でも陰部でも同じなので、自然とケアの方法も一緒になるというわけです。

 

この理由によりピューレパールは陰部にも使用出来ますし、脇やその他部位と同じ様に黒ずみをケアしていけます。

 

 

陰部に使うタイミング

 

脇同様に陰部は通気性の悪いところです。

 

これはさすがにどうしようもありません。

 

 

というか、陰部というのは下着が密着しているので、脇より通気性が悪いでしょう。

 

そんな所にピューレパールを使うとやはりムレたりもします。

 

 

ですのでピューレパールはお風呂上り等に陰部に使い、下着をはかないまま小一時間程度放置しておくと良いでしょう。

 

 

その際はタオルケット等で下半身を軽く隠しておくと落ち着いて過ごせますよ!

 

(お風呂上りというのには理由があり、陰部に付着していた雑菌等がなくなっているので効果的だからです)

 

 

要はどこかに出かける前に使うのではなく

 

「今日はもうこれから部屋からは出ない!」

 

というタイミングが一番ピューレパールを陰部に使用しやすいのではないでしょうか。

 

実際私も使うタイミングを悩んで、このタイミングが一番良い!と思い実践していました。

 

 

そのおかげで私に関してですが陰部の黒ずみを完璧にケア出来た!

 

とまではいきませんが、それなりに満足しています。

 

ピューレパール 陰部

 

 

なのでこれからももっとケアを続けていこうと思ってます。

 

 

最後に

 

 

黒ずみの原因はメラニン色素が肌に沈着する事です。

 

これは脇やその他部位に陰部まで原因は同じなので、ピューレパールで黒ずみケアは出来ます。

 

 

ただ陰部へ使用するタイミングとしては、お風呂上りでそれ以降部屋から出ない時間帯が理想的ではないでしょうか。

 

陰部に関しては使いどころが少々面倒かもしれませんが、しっかり黒ずみをケアしていきましょう。

 

 

ピューレパールの公式サイトで詳細をチェック

 

 

ピューレパールの全てが分かるトップページ